見出し画像

東濃オススメスポット紹介 Part2~道の駅 おばあちゃん市・山岡~

先日、フリーペーパー道の駅 冬号の撮影レポを書きました。
今回の記事は撮影に行った東濃地区のオススメスポットPart2ということで、「道の駅 おばあちゃん市・山岡」をご紹介します。

Part1は「多治見市モザイクタイルミュージアム」
記事はこちら ↓

撮影の様子はこちら ↓


こんにちは♪ホンダカーズ岐阜note編集部です。
この記事が良かったらスキ・フォローお願いします。

道の駅「おばあちゃん市・山岡」とは

岐阜県恵那市の山間に、平成15年にオープンした道の駅です。

「おばあちゃん市」って、名前が気になりますよね~。

調べました。

駅名の由来になっている、「おばあちゃん市」とは、以前からこの地域で高齢者の生きがい作りの場として始まった「市(いち)」の名前です。

Google

さっそく見どころをご紹介していきます。

巨大木製水車

日本最大級の水車がパッと目を引きます。

この水車は直径が24mあり、木製としては日本最大級の大きさだそうですよ。

近くで見るとちゃんと水車ですが、遠くから見ると観覧車にも見えました。

道の駅の周辺には小里川(おりがわ)が流れており、巨大水車を囲むようにダムがあります。

小里川をせき止めてできたダムで、右岸は岐阜県瑞浪市陶町、左岸は岐阜県恵那市山岡町田代となっています。

こちらの写真では見えないのですが、水車の左下方面にダムがあります

小里川ダムの建設によって水没した地域に、多くの水車があったということから、ダムの完成を機にこの地域の産業遺産のシンボルとして造られ、平成16年の春に完成しました。

水車は豪快に水しぶきを上げながら回ったり休んだりするのですが、撮影の日は豪快には回っていませんでした。残念。

近くで見るとほんとうに大きくて、迫力満点でした

幸せの鐘

2013年11月に新しいモニュメントとして誕生した、「幸せの鐘」。

出会い、結婚、出産、記念日、合格、健康、長寿などを願い、大切な人と鳴らしてほしいとの想いから誕生したそう!

鐘の上部には、仲良く手をつないだ黄金の「おじいちゃんとおばあちゃん」の像があるんですよ。

ほっこりしますね^^

ほっこり♪

女子二人で鳴らしてもらいました。

グルメもたくさん

産直品売り場や、レストラン、五平餅などの人気グルメが楽しめる売店もあり、平日なのに駐車場が満車になるくらいたくさんの人でにぎわっていました。

たくさんの自然に囲まれた、素敵な道の駅「おばあちゃん市・山岡」にぜひ行ってみてくださいね^^

アクセス

道の駅 おばあちゃん市・山岡
〒509-7606 岐阜県恵那市山岡町田代1565-169
※レストランや売店の営業時間はそれぞれ異なります

ホンダカーズ公式Instagramもよろしくお願いします。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!